【2022年度 北東北国立3大学連携推進会議連携協議会 男女共同参画シンポジウム】男性の育児休業を応援する職場が選ばれる?! 『2030』時代の大学・企業と育児参加支援

 2030年には人口の3分の1が高齢者となる日本社会において、女性の活躍促進は喫緊の課題であり、男性が家事・育児・介護を積極的に担うことが求められています。国際比較でもかなり低い水準である男性の育児参加を促すため、2022年10月からは、出生時育児休業制度(いわゆる「産後パパ育休」)が新設され、2023年4月からは従業員1001人以上の事業所に対し、男性を含む育児休業取得状況の公表が義務化されることになりました。本シンポジウムでは、男性の育休取得があたりまえの職場づくりが求められる状況に、大学はどう対応していけばよいのか考えます。

日 時:2022年9月28日(水)13:30-15:10

講 演:「男性の育児休業取得に積極的に取り組む企業の事例からのヒント
    独立行政法人 労働政策研究・研究機構 総括研究員 藤澤 美穂 氏

場 所:オンライン(Zoomウェビナー)

対 象:北東北国立3大学の教職員・学生、テーマに関心のある方等

申込方法:こちらの申込フォームからお申込みください。

参加費:無料

申込締切:2022年9月21日(水)

プログラム:
13:30 開会挨拶 小川 智 岩手大学長
13:35 3大学における取組紹介 
     秋田大学、弘前大学、岩手大学 各男女共同参画推進室長/ダイバーシティ推進室長
13:50 講演「男性の育児休業取得に積極的に取り組む企業の事例からのヒント」
     独立行政法人 労働政策研究・研究機構 総括研究員 藤澤 美穂 氏
14:25 パネルディスカッション「大学・企業は男性育休取得をどう支援できるのか」
     【パネリスト】藤澤 美穂 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 統括研究員
            村松 直子 信幸プロテック株式会社 専務取締役
            石山 久晶 岩手大学職員
     【コーディネーター】海妻 径子 岩手大学副学長/ダイバーシティ推進室長
14:50 3大学よりコメント・質疑応答
     石川 隆洋 弘前大学理事(社会連携担当)・副学長
     真鍋 雅文 秋田大学理事(総括・総務・人事・情報担当)・総括副学長
     小川 智  岩手大学長
15:05 閉会挨拶 真鍋 雅文 秋田大学理事(総括・総務・人事・情報担当)・総括副学長
15:10 閉会

主 催:岩手大学
共 催:弘前大学、秋田大学

【お問い合わせ】
岩手大学ダイバーシティ推進室 
〒020-8550 岩手県盛岡市上田3丁目18-8
Phone:019-621-6998 Fax:019-621-6999
Email: equality@iwate-u.ac.jp

※本シンポジウムは岩手大学FD/SD研修の対象となります。

※チラシは以下よりダウンロードしていただけます↓↓